本文へスキップ

群馬の整体なら伊勢崎市の田端整体院。

電話でのお問い合わせはTEL.0270-22-0466

〒372−0812 群馬県伊勢崎市連取町1510-1

腰痛に対する考察


腰痛に対する考察 腰痛の原因、慢性腰痛の原因、腰痛に関連してくる筋肉について詳しく考察します。

ちょっと長いので興味のある人のみ読んでくださいね

腰痛の本当の原因をあなたにお知らせいたします! 腰痛患者は増え続けています。

厚生労働省の国民生活基礎調査によると、日本人の中で自覚している症状の第1位が腰痛、第2位が肩こり、第3位が関節痛だそうです。 この調査によると、日本国内の腰痛患者は約1000万人。

肩こりと関節痛も含めると2500万人もの人が筋骨格系の痛みに苦しんでいるのです。 これだけ医学が進歩しても、医学としての腰痛治療法はいまだ確立されていないのです。

病院で腰痛が治るのなら、整体院など民間療法は必要ありません。にも、病院でなかなか治らない腰痛のお客さんがたくさん来院されます。 当サロンで腰痛患者さんに対して、正しい腰痛に関する情報をお知らせするとともに、原因にアプローチする整体を行なっています。

腰痛の真の原因は「腰痛の原因は患部の筋肉の血流障害である」との結論にいたっています。

腰痛は整体でも、カイロでも、針でも灸でも、温泉でも漢方でも心理療法でもストレッチでもマッサージでも運動療法でも温熱療法でも改善するのです。 それらに共通することは患部の血流が変化するということです。

血流が改善することにより、神経や筋肉の組織に酸素と必要な栄養素が届き、老廃物が排出されます。その結果腰痛も改善します。

「腰痛の原因は患部の血流障害である」ということはおそらく正しいと思います。 しかし、なぜ血流障害を起こしているのか?という問題を考えると腰痛患者さんにより、その原因は様々です。

不良姿勢、運動不足、一定姿勢での作業、食生活の問題、栄養不足、偏食、浅い呼吸、ストレス、感情の不調和、などなど・・・。

日常生活の様々な要因が血流障害を作り出す原因となるのです。 患部を中心として筋肉の血流を改善すれば、腰痛は改善します。

しかし、血流障害を作り出す生活習慣が変わらない限りまた腰痛は再発します。 腰痛の根本解決を目指すなら、生活習慣の改善が必要なのです。 治療法によっても腰痛へのアプローチが異なります。 腰痛の原因は筋肉などの組織の血流障害による酸素欠乏です。

腰痛と全身のバランスも深い関係にあります。 骨格構造の歪みにより、骨盤や腰椎の可動域が狭くなってしまうと、腰部の関節や筋肉に負担がかかり、腰痛になります。

腰痛になる人には、中には正常な骨格バランス(歪みが少ない)なのに腰痛で苦しんでいる人もいます。 筋肉の緊張により、骨盤の可動域が狭まり腰痛に発展します。

筋肉の緊張をリリースすることにより、骨盤や股関節、腰椎の可動性を改善することが大切です また、腰痛は腰だけに問題があるのではありません。 腰部だけでなく、臀部の筋肉、脚の筋肉バランスをも同時にとっていくことが大切です。

腰痛は腰部の筋肉の痛みや、腰椎、骨盤の関節の痛みです。筋肉や骨格バランスが正しい状態に近づくと、腰痛も楽になります。 直接の痛みの原因が取り除かれると、一時的に痛みは消失します。

患者さんが再び痛みを訴えて、来院されます。 骨格をチェックすると、また元の状態に戻ってしまっています。 再び矯正すると症状も楽になります。 では、どうしてしばらくすると骨格の歪みが戻ってしまうのでしょうか?

当サロンでは筋肉が緊張することによって骨格の歪みが生じるとの考えをとっています。 「ニワトリが先か、卵が先か」というのと同じで、「骨格が先か、筋肉が先か」議論をすればキリがないのですが、とりあえず、筋肉が先という方向で話を進めます。

骨は、それ自体では骨格模型と同じで、支えるものがないとバラバラになってしまいます。人間の骨格は、靭帯や筋肉などの軟部組織で支えられています。

その筋肉が、日常生活の習慣によって、緊張し、柔軟性が失われてくると、筋肉の端から端の長さが短くなりますので、骨に付着している部分を引っ張ることになります。

そうして、骨格が歪むことになるのです。 つまり、筋肉が歪むと骨格が歪んでしまうということです。 筋肉の歪みとは、筋肉の柔軟性が失われた状態のことを言います。

逆の言い方をすれば、筋肉の柔軟性を取り戻すことが出来れば、骨格の歪みも解消され、腰痛の症状も消失していくということが言えます。 また、腰痛の原因は脚の筋肉と深い関係にあります。

臀部や下肢の筋肉の緊張を緩める必要があります。 この場合、腰痛の原因は臀部と下肢の筋群の緊張です。 臀部や下肢の緊張の原因は、座りっぱなしのオフィスワークだったり、運動不足だったりします。

当院では、慢性腰痛の施術として、原因となる下肢の筋群も含めて調整を行なっています。 そうすることで、腰痛に対する施術の効果が高まり、効果の持続期間が長くなります。

腰痛の主たる原因となる筋肉は大腰筋、、腰方形筋、、大殿筋、そしてハムストリングスなどの筋肉です 大腰筋は内臓の奥にある深層筋です。直接さわることはできません。

体の深層にあるため、意識することが難しい筋肉です。 大腰筋の上部は背骨の前、プリバーテブラとよばれてますが、まずそこをイメージします。そしてそこから伸びた大腰筋は、内臓の下をくぐり、骨盤の中をとおり、腿の内側にまで伸びています。

近年この筋肉が発達しているアスリートやお年寄りは凄い記録を出したり、またいつまでも元気であるということから近年とても注目されています。主として足を曲げたり、腰をかげめたりしたときに使われる筋肉です。

当サロンでは深層筋である大腰筋に直接アプローチしていきます。 腰方形筋は、この筋肉が収縮しているがために腰の痛みを感じる方が少なくありません。

この筋肉を体の知識がないひとにゆるめてもらうことは、おススメできません。理由は一つはこの筋肉がついているのが12肋骨という折れやすい骨だということ、もう一つは無理に伸ばそうとすると、むしろ縮んでしまい、逆効果になるといこうことです。

大殿筋はお尻の筋肉です。この筋肉は表層にあるので簡単に触ることができますし。一見腰痛とは関係ないように思ってしまいますが、大いに関係してきます。先ほどでてきた大腰筋と逆の働きをする筋肉なんです! (主動筋と拮抗筋の関係といいます)つまり、大腰筋が伸びれば大殿筋は縮み、大腰筋が縮めば大殿筋は伸びるといことです。

こういった場合どちらか一方の筋肉のみ弛緩させても意味がありません。両方弛緩させなければいけませんので、そういった意味で非常に重要です。 ハムストリングスは太ももの裏の筋肉です。

例えば立位の状態で前屈した時、多くの人は背中から腰が硬いから体か硬いと思ってしまいますが、実はこのハムストロングが緊張して前屈が制限されているのです。またハムストリングスの緊張により、骨盤が後方に傾斜して、本来前彎している腰の骨を垂直にしてしまい、腰痛になるというパターンもあります。


当サロンではこれらの筋肉、筋膜にアプローチしていき、ピンポイントで筋肉を取れえていく施術をおこないます。 これらの筋肉、の血流を改善して柔軟性を回復していくことで腰痛の症状の改善をめざします。


shop info店舗情報

田端整体院

〒372−0812
群馬県伊勢崎市連取町1510-1
TEL.0270-22-0466